高橋優くんの動物シリーズについて、以前の記事で書きました。
「象」の関ジャニ∞への楽曲提供について
今回は、前回の記事でも例として曲名を出しましたが、動物シリーズの1曲である「駱駝」についてです。

「駱駝」

前回書いた通り、「駱駝」は『僕らの平成ロックンロール』というアルバムに収録されている、動物シリーズの1曲です。『僕らの平成ロックンロール』はインディーズ時代に発売されたアルバムです。「駱駝」は、路上ライブでよく歌っていて、スカウトされた時にも歌っていた曲であるそうです。私は個人的には「ありったけの愛を込めて 教科書全部破こうぜ」という歌詞が、胸にくるなあと思います(「駱駝」の歌詞はこちら)。そしてこの曲はインディーズ時代にPV撮影されています。このPVが、そんなにお金をかけていない感じなのですが、とても良いです。

「こどものうた」と同時に撮影された

「駱駝」ともう1曲、「こどものうた」も『僕らの平成ロックンロール』に収録されている曲ですが、この2曲は同時にPV撮影もされています。PVでの衣装も同じですね。そしてインディーズ時代にYou Tubeで公開されたようです。当時、「こどものうた」はその歌詞と、最後に写されるギターを弾いていた指からの流血シーンが話題となりました。この「こどものうた」のPVは一応、少しお金がかけられている感じがします。優くん以外に出演者がおり、優くんの撮影も複数カットがあります。

売れた後に価値が上がる

一方、「駱駝」のPVは1曲を通じて、定点カメラで優くんの歌う姿を映しているのみです。非常にシンプルなPVですが、当時の優くんのすごく良い表情が見られて、ファンにとっての価値はとても高いように感じます。したがって、ファンをよりファン化するツールになっていると思います。「駱駝」は路上時代から、現在まで歌い続けている曲です。メジャーデビュー5周年イヤーである2015年に発売されたベストアルバム『笑う約束』にも収録されました。この大切な曲を、売れる前にPV撮影し、しっかりとした形で残していたことは、売れた後により大きな意味が出たと思います。最低限の費用でも、その時のモノをその時に残すことは、長期的な視点で見て、大切だと感じました。

追記
動物シリーズの記事を追加しました。
「蝉」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です